スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

人生の時間は限られている

当たり前のことですが人生の時間は限られています。やりたいことややらなければならいことを何から何までできないのです。必要な知識を全て頭に入れたり、最新の論文の内容を全て網羅するなんてことは到底不可能です。いかに限られた時間の中で限られた能力を生かして仕事をするか。自分の不得意な分野で無駄な時間を過ごすより、自分の強みを発揮できる分野に時間を集中したほうがいいはずです。やはり自分の強みを最大限に発揮で...

続きを読む

NIHレベルの研究者になることだけが人生のゴールではない

当たり前のことかもしれませんがよく考えるとこの問題は一筋縄ではいかない問題です。例えばプロとして陸上や水泳やるのであればやはりオリンピックは一つの目標でしょう。あるいはプロサッカー選手であればいつかはワールドカップやプレミアリーグで活躍したいと誰もが思うでしょう。僕の実力では県大会レベルでいいやとか、J2でレギュラーを取ることが最終目標ですというのはプロとして志が低いと通常は判断されます。研究者はど...

続きを読む

研究者として生きていくための資質とは?

今日ランチを食べた後ドイツ人のポスドクのトーマスと話していて、トーマスが「僕は研究者には向いていないのかもしれないな、なぜなら色々なことに興味があって一つの分野に集中して仕事をすることができないんだよ。」と言っていて少し視点は違いますが僕もその意見にとても共感しました。NIHに来て4か月になりますがわかったことが3つあります。1,NIHレベルのPI(独立研究者)として仕事をするにはかなり特殊な能力が必要であ...

続きを読む

NIHの科学論文の書き方講習

NIHで開かれる科学論文の書き方講習なるものを受講しました。毎週木曜日の午後3時間のレクチャーで全4回のコースです。論文の書き方、イントロから始まり、マテメソ、結果、ディスカッションまで守るべきルールや効率的な書き方などを教えてくれるコースです。今まで論文の書き方マニュアル的な本はいくつか読んできましたがこういうレクチャーを受けるのは今回が初めてでした。特筆すべきは参加者は自分のデータを持ってきて実際...

続きを読む

カーネギーメロン大学からの学生

今日はカーネギーメロン大学から我々のラボでPost-baccalaureateをしたいという女の子がインタビューに来ました。ピッツバーグからバスに乗って3時間かけてわざわざ面接のためにNIHまで来ました。Post-baccalaureateというのはこちらではPost-bac、ポスバクと略されて、彼はポスバクだよと言われてたりしても最初はなんのことなのかさっぱりわかりませんでした。ポスバクはおそらくアメリカにしかないかなり特殊な制度で、4年生の...

続きを読む

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。