ビール・イノベーション

キリンビールにてビール醸造の研究をしてきた橋本直樹氏による「ビール・イノベーション」。

なぜビールという一つのアルコール飲料がこれほど我々の生活の中に定着しているのか、その理由はビールそのものが持つ魅力にあることがわかります。

古代オリエントでパンからビールが生まれ、ヨーロッパでラガービールが誕生し、現在主流となっているアメリカンラガーがアメリカで登場。

いつの時代にも受け入れられてきたのはビールの持つ機能が多岐にわたるためであると思います。

のどの渇きを癒し、ほどよく酔え、どんな食事にもあう。

のどが渇いてビールを飲む人はいますがワインやウィスキーを飲む人はあまりいません。

イタリアンやフレンチにビールは合いますが日本酒はあまり合いません。

いつでもどこでもどんなシチュエーションでも適応できるのビールの魅力なんだと思います。

最近は第3のビールのレベルがかなり上がってきたため晩酌の中心はこれになっていますが、時々きちんとしたビールを飲むとやっぱりおいしい。

ビール万歳。

41p7gPo16IL__SL500_AA240_.jpg

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページの先頭へ戻る