犬の毛質を決める遺伝子

Coat Variation in the Domestic Dog Is Governed by Variants in Three Genes. 
Science. 2009 Aug 27.

犬の毛は長いものから短いもの、カールしてるものや、ワイヤー状になっているものまで色々あります。

それらの毛質がたった三つの遺伝子によって決まっていることを証明したすごい論文がサイエンスに出ました。

この3つの遺伝子のコンビネーションでAKCに登録されている95%の犬種の毛質の説明がつくそうです。

3つの遺伝子はRSPO2、FGF5、KRT71。

RSPO2はワイヤーヘアーに代表されるようなfurnishingsのあるなしを決め、FGF5は毛の長さを、KRT71はカールのあるなしを決定する遺伝子だということです。

一つの犬種だけではなくてほとんど全ての犬種の毛質を決定する遺伝子を見つけるとは画期的な発見です。

しかもそれが3つだけというのは驚きです。

バラエティーに富んだ表現型でもそのバックグラウンドにある遺伝子型は単純な組合せであるという遺伝学の基礎を示した非常によい例だと思います。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして。

あかりさん、はじめまして。

毛が生えてこないわんちゃんの御相談ですが、お話を聞く限りでは先天性の毛包形成異常が考えられると思います。
どんな犬種でも起こりうる可能性のある病気です。
ただ“病気”と書きましたがそれは我々から見た外見上の問題であって、毛がなくても健康上は全く問題がありません。
たぶん本人も自分に毛がないことは気にしていないと思います。

ただやはり普通は毛があるのにないというのはいくつか問題が生じる可能性もあります。

一つはあかりさんも気にしていらしゃるように寒いことです。
特に冬は本人も寒いと思いますので積極的に洋服を着させてあげたほうがよろしいでしょう。

もう一つは他の皮膚疾患にかかりやすいということです。
毛がないわんちゃんは皮膚が乾燥しやすくそれを補うために皮脂をたくさん出します。
その結果、細菌や酵母菌が繁殖しやすく皮膚炎を起こしやすくなってしまいます。
ですので普段からシャンプーなどを用いた適切な皮膚のケアーが必要です。
ヘアレスのチャイニーズクレステッドドックはいつもべたべたした肌をしていて、肌のコンディションを保つのに飼い主さんはとても苦労しているそうです。

あかりさんは東京近郊にお住みでしょうか?
あかりさんのわんちゃんの現在の症状がどのようなものか一度拝見させていただければ的確なアドバイスができるかと思います。


> いきなりすいません。
> ご相談なんですが。
> うちのトイプードル(オス)が生まれたときから毛がなく。
> 今は胸とお尻に毛が少し生えてる感じです。
> よくチャイニーズヘヤレスとかミニピンに間違われます。
> 2008年8月生まれで。
> 友達のところでワンコが生まれたので飼う事にしたのですが。
> 1匹のメスだけを飼おうとしたのですが。
> 毛のないオスを見てると、この子もうちに来るのがいいと考え飼いました。
> 毛のないことだけであとはまったく問題もないのですが。
> やはり、原因はともかく。
> これから、生えてくるのか?
> 紫外線などで皮膚病が起こらないか?
> などなどいろいろと心配です。
> 寒い時期はやはり服がないと寒いでの着させてますし。
> 今も寝起きは震えてます。
> あまり服を着させるのも好きではないので。
> 外に出るとき意外はあまり着せてませんが。
> 獣医さんに聞いても、やはり首をかしげるだけで。
> でも、しょうがないような気もしますが。
> ネットで調べたりしても、なかなか毛がない犬に関してはででこず。
> 今回このブログを読んで。
> 専門的に研究してる方がいるんだと感心しました。
> そこでなんですが。
> こういう症状など研究してる病院など知っておられますか?
> もしくはTetsuroさん自身こういう症状のワンコなど扱ったことがあれば、何か知ってる限りのことでいいので教えていただけないかと思いました。
>
> ちなみにこの子の子供が生まれたのですが。
> 3匹とも元気で、とくに毛並みもよく毛がふさふさなんですよ(笑)。
> 色もブラッグ同士なのに子供は3匹とも茶系でした。
>
> いきなりですいません。
> お忙しいとも思いますので。
> 無理には返事を求めません。
>
> 時間があればなにか返事いただけるとうれしいと思います。
> よろしくお願いいたします。

早速返事ありがとうございます。
なるほど・・・。
確かに皮膚がベドベトしますし。
シャンプーすると黒くなるんですよ泡が。
皮膚に関してはケアが必要なんですね。
へアレスチャイニーズのHPなどを見ると。
かかりやすいのがヒトモナス原虫症とあるのですが。
どんな病気?なんでしょうか?

チャイニーズは何年も毛がないので寒さには弱いものの。
少しは毛がないなりに体も進化してると思いますが。
トイプーはその辺が心配です。
しかし、今もとくに支障はないし。
普通に暮らしてますので問題はないのですけどね。
かえって、それも個性で。
可愛いです。

ほんとなら見てもらいたいですが。
こちらは岐阜なんです。
いつか機会があればとは思いますが。

今回のアドバイスもすごくためになりました。
また、なにかあればここで相談してもいいでしょうか?
ほんとうにありがとうございます。

Re: タイトルなし

確かにチャイニーズクレステッドドックを紹介するHPに書いてありますね。
正直言って全く意味がわかりません。

まずヒトモナス原虫などというものは存在しません。
似たものでヒストモナス原虫というのがいて、これは家禽に感染し黒頭病というのを起こします。
鳥に感染する原虫ですので犬に感染するとは考えられません。
ましてやチャイニーズとどうつながるのかさっぱりわかりません。

ところでわんちゃんの歯や爪に異常はありませんか?
チャイニーズクレステッドのヘアレスタイプと同じ遺伝子異常があるのであれば歯の異常が見られることがあります。

また何かありましたらいつでもご相談ください。

こんばんわ。
今も少しチャイニーズについて調べてみたんですが。
なんだかほとんどコピペでどっかのサイトなどを流用してるものばかりですね。
投稿などのサイトのほうがまだ少しは情報を得られますが。

うちの子は今のところ皮膚が荒れたこともないのですが、ちょったとした変化は、肌が黒なので見えない場合もあるかもしれなませんが。これから少し気をつけてみます。


歯なんですが、下の前歯?犬歯っていうのでしょうか?牙みたいのが若干小さいですが、でも問題はないでしょう。
いつも固いもの(ガムとか骨)をガリガリ喜んで噛んでますし、かえってもう一匹のメスがいつもヘアレスのオスがやわらかくしてくれるのを待つぐらいですから。

あとは、少し歯が抜け替わるの遅かったぐらいですね。

余談ですが、うちのワンコ2匹(最近は生まれてまだ引き取り手がきまってない3ヶ月のオス)とよく岐阜の低いマイナーな山に山登りに行ってます。服も着させてますが。
今のところは怪我もなくワンコも山登りが大好きですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページの先頭へ戻る