犬の皮膚のpH

犬の皮膚のpH。

人の皮膚のpHは弱酸性で、犬のはそれよりも少しアルカリ側に傾いています。

だからといって人用の石けんやシャンプーを犬に使って悪いかというと一概にpHの違いからはそうとも言えません。

そもそも人の石けんやシャンプーはほとんどがアルカリ性で、弱酸性なんとかといった商品もだいたいアルカリ性です。

そのため石けんやシャンプーで洗った後の人の皮膚は一度アルカリ側に傾きます。

しかしながら健康な皮膚は汗や皮脂の働きでアルカリを中和し酸性側に戻す働きを持っていますので一定時間後には元通りのpHに戻ります。

皮膚はpHを常在菌の住みやすい弱酸性に保ち、ニキビの原因のアクネ菌や膿痂疹の原因のブドウ球菌などが繁殖しにくい環境を作っています。

ですから必要以上に石けんで手や顔を洗ったりするのはよくないと言われています。

それでは犬は人よりもアルカリ側に傾いているから何か問題が起こることがあるのか?
そもそもなんでpHが人と違うのか?

実際よくわかりません。
僕が勉強不足なだけかもしれません。

何か新しい情報がわかりましたらまたお知らせします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページの先頭へ戻る