スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢21世紀美術館

金沢の21世紀美術館に行ってきました。
有名なレアンドロのプール。
ここは雪が降るとどうなるのでしょう?
2、3日前までは金沢も雪が積もっていたそうですが、僕が行った時には雪のかけらさえありませんでした。
雪の金沢を少し楽しみにしていったのですが。

DSC00229.jpg


DSC00232.jpg

杉本博司さんの展覧会「歴史の歴史」をやっていました。
今回たまたま時間ができて行った展覧会でしたが、すごくよかったです。
彼の有名な作品、反重力構造や海シリーズはもちろんよかったのですが、僕は化石のコレクションとそのコンセプトに感銘を受けました。
化石はアートである。
写真は今そこにあるものをそのままの姿で画像として記録するもの。
化石はそこに生きていた植物や動物をそのままの姿で石の中に閉じ込めるもの。
その本質は両者で変わらないのではないか。
すばらしい絵や写真はまるでそれが実際そこにあって今にも動き出しそうな、その場の音が聞こえてきそうな感じがすることがあります。
すばらしい化石もそうかもしれません。
今日実際いくつかの化石は今にも石からその生き物が出てきそうな感じがしました。
本当にその時代にその生き物が生きて動いていたんだなと思うと不思議です。
我々が生きた証は別の形のアート、つまり写真や映像となって残っていくのでしょう。

vol9_sugimoto-2_jpg.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。