スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の授業

本日は大学で大学院の英語の授業がありました。
1.5時間×2×4日間の集中講義。
おもにspeakingに重点を置いた授業でした。
久しぶりに英語を話すと自分の言いたいことを順序良く並べることができずに苦労します。

今週のNatureに興味深い記事が載っていました。
NIHのグラントも継続するのが非常に難しくなっているようです。
グラントを得られずラボをたたむ必要があるケースも少なくないらしいです。
これは現在のアメリカの経済危機も一因ですが、その根幹にはNIHが臨床に直結するような結果重視の研究テーマを求めていることもあるみたいです。

Published online 4 February 2009 | Nature 457, 650-655 (2009)
Research funding: Closing arguments
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。