脳を活かす仕事術

「脳を活かす仕事術」 茂木健一郎 PHP

茂木さんの脳を活かすシリーズ第2段。
今回もなるほどと思うところがいくつかありました。
普段なにげなく実行していることでも、脳のメカニズムを基にした説明ですと納得がいきます。

アウェーの場でのチャレンジが脳を成長させる上で重要 (要約)

自分の場合を考えてみると、大学院に進学するときに獣医の世界から抜けて医学部のラボに行ったのは一つの挑戦でした。
もっと上のレベルで、もっと広い世界で自分を試してみたいという気持ちが強かったと思います。
最初は慣れない環境で色々大変なこともありましたが、結果的には今の場所にいられてとても満足しています。

茂木さんはこの本の最後で、

人間としてのより高い状態を目指すこと。そのために学習し続け、行動し続ける。それこそがなりたい自分になる唯一の方法なのです。

と言っています。

僕もさらに高いレベルを目指して挑戦し続けたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページの先頭へ戻る