スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は渡米するだけで終わった

今年はここに来るだけで終わってしまいました。
長い目で見れば大きな前進ですが、短期的には実験ができない期間がまだしばらく続きそうで少し後退気味です。

今日はボスがまだオンラインにもなっていないcompetitorの出したNatureの論文を見せてくれました。どうやって手に入れたのか知りませんがどこかに秘密のルートがあるのでしょう。
相当量の人員を割かないとできない仕事で、さすがbig labの出す論文です。
このレベルで勝負していかないといけないのでこちらはこちらの強みを最大限に利用して彼らができないことをやるしかありません。

でも世の中が興味を持ってやっている分野であることは確かなので、その最前線に自分もいることができているのは研究者にとってはとても幸せなことなのかもしれません。
もちろん生き馬の目を抜く世界なので競争は熾烈ですがやりがいはあります。
来年はなんとかトップ集団に食らいついて離されないように頑張ります。

来年はNIHがどんなところなのか、自分がどのような研究をしているのかを少しずつ紹介していこうかと思います。

DSC01480.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。