スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2020年は何をしているか?

Fuji Mt from keio

今週は台風が去って秋の気配を漂わせる気持ちのいい快晴が続きました。
職場の窓からも渋谷方面に目を向けると丹沢の山と富士山がきれいに見えました。
写真からはよく見えませんが正面に見える建物の向側は国立競技場です。
2020年に向けてこのあたりの様相は様変わりして景色が一変するのでしょう。
計画ではこの向こうに巨大な新国立競技場が現れるようです。
2020年のオリンピックの東京開催が決まり、スポーツ選手の多くが7年後の自分の年齢とその時のパフォーマンスを想像し、7年後に自分の競技人生の照準を絞れるか考えたことでしょう。
また多くの一般の人も7年後のオリンピックの時に自分が何をしているか想像してみたことでしょう。

7年後となると研究者にとっては中期的な目標の範囲に入ると思います。
特に若い研究者にとってはキャリアアップをしている自分を思い描くはずです。
さて自分は何をしているのか?

7年後はちょうど30代が終わり40になります。
まだ少々下積みが続きそうなので今から3-4年後に研究者として独立するとなると、7年後は独立して最初の仕事が形になっているはずです。
その時点でどのレベルに到達できているか。
それはこの後の数年間にどれだけ研究者としてのキャリア形成を行い、研究者として生きていく土台を築けるかにかかっています。
日々の実験ではうまくいかないことも多いですが、長い目で見ると少しずつは前進しているはずです。
7年後のオリンピックの時にこの7年間で自分はずいぶん成長したなと思えるようこれからも日々努力するのみです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。