内科学アカデミーで講演

来年の2月に横浜で行われる獣医内科学アカデミーで教育講演をすることになりました。
アカデミーの第1回が開催された時まだ僕は農工大の学生の5年生とかだったと思います。
バイトで会場係をしたり、抄録の袋詰めをしたり、打ち上げで飲みにいったり、いろんな思い出があります。
確か6年の時には研究発表をして賞をいただいたのもアカデミーでした。
そんなアカデミーで自分が講演するようになったとはとても感慨深いです。

時間は土曜の午後。土曜や金曜の夜になったら嫌だなと思っていたのですが助かりました。
内容は犬の脱毛症の診断、治療について話そうと思っています。
題名は「明日からできる犬の脱毛症診断―こんな症例きたらどうする?―」に決定。
実際の症例を例にして、こんな脱毛症の症例がきたらどのような対応をすればよいのかということを、一般の獣医師、それも卒後2-3年の先生にも役に立つような内容で話したいと思います。
さて、とりあえず農工大の写真データをあさって症例を集めないと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページの先頭へ戻る