韓国からのpanniculitisの論文

最近のveterinary dermatologyに韓国から犬のpanniculitisに関する論文が出ていました。
10例集めてその治療法やら予後やらをまとめた物ですが、これでvet derm?という感じです。
細胞診のデータが新しいというのがポイントみたいですが、普段からpanniculitisをよく見ている我々にとっては特に珍しくはありません。
こんな論文なら数年前に農工大からJVMSに出したpanniculitisを集めた論文のほうがよっぽど立派です。
時間の関係上JVMSに出したものですが、せっかくいい仕事なのでvet dermにするべきだったと思います。
あれからさらに症例も増えましたし、病理を取った検体もけっこうあるので、病理学的な検討を加えてvet dermにチャレンジしたいものです。
せっかく日本はpanniculitisの宝庫ですからこれを世界に発信しない手はありません。

獣医皮膚科医研究ブログより
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページの先頭へ戻る