スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニーからAppleへ

2011年も2月になりました。

1月は実験の予定が詰まっていてどたばたしているうちに終わってしまったという感じです。
最近書評を書いていないことに気づきました。
ここ最近読んだ本をとりあえずリストアップします。

博士漂流時代 (榎木英介 ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
ようこそ私の研究室へ (黒田達明 ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
失われた医療先進国 (岩本裕 ブルーバックス)
風にそよぐ墓標 (門田隆将 集英社)
グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた (辻野晃一郎 新潮社)
iCon Steve Jobs (ジェフリー・S・ヤング 東洋経済出版社)

この中でも最後の二つは今我々の周りで起こっている変化の特徴をよくつかんでいる作品です。
ソニーの凋落とAppleの台頭。
僕自身MDウォークマンからiPod nanoに、VAIOからMacBook Proに移行してきました。
もし同じ機能のものが二つあったら間違いなく国産企業のものを優先して選択しますし、ひょっとしたら多少機能が劣っていたとしても国産を選ぶかもしれません。
それが日本人としてのidentityを保つ上で重要であると思ってきました。
ただもうすでにスティーブジョブスの生み出した製品たちとそのコンテンツは比較の対象にならないほど他を圧倒しています。
この先しばらくIT関係はApple、Google、Facebookなどのアメリカ産企業の独壇場が続くと思いますが、日本からもこれらに対抗できるような想像力にあふれた企業が現れてくることを願っています。
スポンサーサイト

コメント

副収入

はじめましてTetsuro様。
今年鳥取大学を卒業しました西之原と申します。
最近このブログを発見し大変興味深く拝読させていただいております。書評のページがお気に入りです。
TetsuroさんはAmazonアソシエイトプログラムをご存知でしょうか?これは、読者がTetsuroさんの書評を読んで、Amazonでおなじ本を購入すればTetsuroさんに売り上げの数%が支払われるとてもいいシステムです。せっかくいい書評を書いてらっしゃるのでこれを利用するとジュース代くらいにはなると思いますよ。
というのも
Tetsuroさんの書評を都合よく宣伝媒体にしてAmazonにだけ利益が入るのもしゃくだなーと思ってAmazonに提案したら、もうすでにそういうシステムがあると返信がきました。
ということでよかったら使ってみてください。
もしすでにご存知でしたらすみません。

Re: 副収入

Masaaki様。

コメントありがとうございました。
アマゾンのそのシステムは知っていましたが、ただ登録したりするのも面倒なのでまだやっておりません。
僕が出会った良書を1冊でも多く皆さんと共有したいという想いで書評を書いているのでこのままでもいいかなと思っています。
最近また書評を更新していませんがMasaakiさんのように楽しみにしてくださる方がいるのであればこれからも頑張って書いていきます。
また何かおもしろい本がありましたら逆に教えてくださいね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。