スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログタイトル変更

ブログのタイトルとプロフィール欄を変更しようと思います。
9月で大学院を卒業し、いままでの大学院生というタイトルではおかしいので。

自分の今の身分を一言で表現するようなタイトルにしようかと思って、今自分はいったい何者なのかと考えてみました。

まず慶應の皮膚科のポスドクです。
頻度は少ないですが獣医師として臨床をやっています。
皮膚科を専門にやっています。

週に5~6日研究をやっているので研究者であることは間違いなさそうです。
それから臨床もやっているので臨床獣医師でもあります。
皮膚科を専門にやっているのですが皮膚科医でしょうか。

アメリカに行った時、「あなたはDermatologist?」と学生に聞かれることがありました。
「う~ん、皮膚科を専門にやってはいるけれども、日本の専門医のシステムはまだ確立していないので正式な専門医の資格は持っていないよ」とかなんとか説明していましたが、途中から面倒くさくなり皮膚科医だよと言っていました。

人間の医者なんかは専門医の資格を持っていなくても皮膚科を専門にやっていて自分が皮膚科医だと言えば皮膚科医です。
専門医の資格を取るには数年かかるので特に若い皮膚科医はまだ資格を持っていません。でも彼らは誰がどうみても皮膚科医ですし、そこに誰も疑問を持ちません。

それを考えると僕も皮膚科医と言っても問題はなさそうです。
レジデント制度の発達した欧米の医学、獣医学領域では皮膚科のレジデントをコンプリートしてこそ皮膚科医になれるわけです。
それに比べるとまだ日本は適当です。
そもそも日本の医者は自由標榜システムですので誰でも何科と勝手に名乗れます。
獣医は~を専門にやっていますとか、~が得意ですと言えるだけです。
この辺はこれから整備されていくとも思いますが欧米のシステムに近付くにはまだまだ時間がかかるでしょう。

というわけで今の自分を表すとしたら「研究をしている獣医皮膚科医」でしょうか。
今はエフォートの中の研究が占める割合が高いですが、獣医大学に戻ってきたら臨床のエフォートを増やしていこうと思っています。
自分の最終的な目的は獣医皮膚科の発展に貢献することですから、それを忘れないためにも「獣医皮膚科医」を名乗らせていただきます。
ですのでタイトルは「獣医皮膚科医研究ブログ」あたりでまとめたいと思います。

皆様今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

頑張ってくださいね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。