スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の進路

今後の進路については最後まで本当に迷っています。
来年の3月までは学術振興会の特別研究員PDの資格が残っているので慶應の皮膚科のポスドクとしてやっていきます。
来年の4月からどうするかが問題です。
道は4つ。

1. 農工大に残ってフルタイムの皮膚科レジデント
2. 慶應のポスドク
3. 海外のポスドク
4. 一般臨床

大学院の時にほとんど臨床ができなかったことからここで一度臨床をやりたいという気持ちがあり1、4は臨床の技術を高めるという点では魅力的です。
さらに教授から1.のポストを僕のために用意してくれるというとても光栄な話がありました。
一時期はほぼ1.で決めよう、獣医皮膚科学会のために働こうと考えていたのですが、正直迷っています。

1.の問題点は、
 助教のような大学の正規のポジションではない
 給料が安い(ほぼお小遣い程度)
 3年間研究はできそうもない
などです。

3年間のレジデントの後にはアジア獣医皮膚科専門医のための試験があり、これをパスすれば専門医になれるのですが、この資格がどれほどの意味を持つのか未知数です。
海外の大学では専門医制度が確立しており、この資格を持っていないと大学の教員になることはできませんが、日本ではこれからというところであり、専門医の資格が大学でのポスト獲得の際に評価されるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。
こういった状況で3年間のレジデントというのはリスキーであることは否めません。
それよりも研究を続け論文数を稼ぐことが将来の大学でのポスト獲得にとってプラスになるでしょう。

もちろんメリット、デメリットだけで進路を選ぶわけではありません。
レジデントでもポスドクでもどちらにもそれぞれメリット、デメリットがあり、一概にどちらが将来プラスになるかは誰にもわかりません。
最後はどちらがよりやりたいかで選ぶしかないと思っています。

そういった面から考えるとあともう少し慶應で研究を続けたいという思いが勝りつつあります。
慶應での研究はproductivityの面だけではく、その資金の豊富さや設備、環境、人的なサポートなどの面で、獣医大学にはないものがあり、この環境でもう少し研究を続けたいなという思いがあります。
近い将来獣医大学の教員になることを考えると、おそらくこのような環境でリサーチができることはもう一生ないでしょう。
(もちろん獣医大学でも医学部レベルのproductivityを持つラボはいくつかありますが、その絶対数は非常に少ないのが現実です)
臨床からそんなに離れて大丈夫なのかとも思いますが、何人かの人に臨床はいつでもできると助言をいただきましたし、必要となったら頑張って勉強するしかありません。
(実際日本の獣医の大学では臨床講座のポストを得る時でも臨床の技術はほとんど評価されません。これは非常に問題ですが現実のようです。)

今の仕事を継続したいこともあり3.の海外のポスドクは今のところ考えていません。
ベルン大学のモニカさんから誘われていたことや、ペン大やリューベックなどのポスドクの話もありましたが、慶應での仕事を継続したいという思いが今は勝っています。

教授や準教授からは日本でのレジデント制度確立のために残ってほしいと言われ、慶應ではポスドクとして残って研究を続けてほしいと言われ、海外のポスドクの話もあり、考えてみれば幸せこの上ない状況であり、贅沢な悩みです。
ただそれだけにどれかを選ぶということはどれかに頭を下げて断らなければいけないということであり、それを考えるとストレスです。

今月中には答えを出さないといけないので、最後にはえいやっと決めるしかなさそうです。
スポンサーサイト

コメント

質問です!!

こんばんは中3の栗です
将来獣医師をめざしてます
中高一貫のとこに通っていて
そろそろ
大学を具体的に
きめないといけないんですが
どういう基準できめればいいんですか?
あと
成績は
下からのほうが数えやすいんですが、
いまからでも
がんばれば
いけますか?

すいません長文&文、ぐちゃぐちゃで...
よろしくお願いします


Re: 質問です!!

大学を具体的に決めるのは最後の最後でいいと思います。
とにかく少しでも成績をあげるように勉強して最終的に合格しそうな範囲の大学を受けるだけです。
一般的に偏差値の高い大学の方がいい教育をしていると思います。
がんばってください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。