スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿嘉島へ

泊港から座間味を経由して慶良間諸島の阿嘉島に向かいます。
所要時間は約1時間。
船の中ではせっせと翻訳の仕事を進めます。

DSC01020.jpg


阿嘉島に到着。
ペンションの屋上からきれいな海が見えます。

DSC01070.jpg


左には橋が見えます。
阿嘉島から慶留間島にかかる有名な阿嘉大橋。

DSC01029.jpg


橋から見た海がきれいだということでとりあえず橋に登ります。

DSC01067.jpg


海、青いです。
びっくりするほど青いです。

DSC01036.jpg


遠くにはサクバル奇岩が。

DSC01044.jpg


阿嘉の町と港。
青いグラデーションがほんとに美しい。

DSC01054.jpg


午後からはダイビング。
ゴビーズさんにお世話になりました。

1本目は洞窟ポイント。

DSC00014.jpg


2本目は座間味島の手前の無人島沖。
クマノミがあちらこちらに。

DSC00052.jpg


慶良間の海は怖いぐらいの透明度で、そして青い。
沖縄でも慶良間と宮古はプランクトンの餌となる栄養分や赤土が流れ込む川がないので、水が透明で海が深い青に染まります。
慶良間ブルーや宮古ブルーと言われる所以。

DSC00139.jpg


ダイビングが終わってシャワーを浴びてさっぱりし、テラスで飲むキンキンに冷えたビール。
こんな至福の一時はありません。
今この瞬間に世界が終わっても思い残すことはありません。

ただビールを飲み終わるまでは待って欲しい。

DSC01074.jpg


明日のダイビングも楽しみです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。