スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しがみつかない生き方

しがみつかない生き方 (香山リカ、幻冬舎新書)

別に一番じゃなくてもいいじゃないか、普通の幸せが手に入れば。
普通の幸せを手に入れるための香山さん流の10のルール。

ルールの中に「仕事に夢を求めない」「パンのために働いているで十分」とあります。
研究者や臨床家は「そんなことはない、自分は高い志を持って世のため人のために役に立つことをやっているんだ、自分の生活のためにやっているんじゃない」と反論するかもしれません。
僕も最初読んだときにはそう思いました。

ただよく考えてみると香山さんの言うことにも一理あるなと思いました。
研究者だっていつでも自分の好きな研究ができるわけではありません。
ボスに言われてあまり興味のないプロジェクトをやることもあるでしょう。
臨床家もいつも面白い症例、自分の興味ある分野の症例を診ることができるわけではありません。
時には雑用としか思えないことをしなければならないこともあります。

ただそれも仕事です。
自分が生きていく、生活費を手に入れるためには必要なことです。
それを理解できないと、これは自分がやりたかったことではないと思いストレスを感じ続けます。
それよりも研究者だって時には「パンのために働いている」と割り切った方がうまくいくこともあるのではないでしょうか。


ランキングに参加中です。↓をクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。