臨床獣医学フォーラムでの初のレクチャー!

先週の金曜土曜と臨床獣医学フォーラムでレクチャーをしてきました。フォーラムは学生の時以来の参加なのでもう7年ぶりぐらいですが、やっぱり華やかですねー。獣医の学会は人の医学の学会と比較して企業展示なんかが充実していますがフォーラムの賑やかさはその中でも抜きんでていますね。ニューオータニでやっているというのも華やかさに一花添えているんでしょう。ただいわゆる学会場でないからなのか会場のスクリーンが小さく...

続きを読む

2020年は何をしているか?

今週は台風が去って秋の気配を漂わせる気持ちのいい快晴が続きました。職場の窓からも渋谷方面に目を向けると丹沢の山と富士山がきれいに見えました。写真からはよく見えませんが正面に見える建物の向側は国立競技場です。2020年に向けてこのあたりの様相は様変わりして景色が一変するのでしょう。計画ではこの向こうに巨大な新国立競技場が現れるようです。2020年のオリンピックの東京開催が決まり、スポーツ選手の多くが7年後の...

続きを読む

研究は競争ではない

科学者の卵たちに贈る言葉(笠井献一)という本を今読んでいますが、これは研究という知的営みを人生の生業としていこうと思う人はぜひ読んでおくべき素晴らしい本です。江上先生が生前に発せられた心に直接響く言葉が満載されている本ですが、その中でも「研究はスポーツ競技ではない、目的は他人に勝つことではない」という言葉にはがつんとやられてしまいました。はっきりいって研究は競争です。研究の最前線ではいかに早く新し...

続きを読む

心に残るプレゼンとは?

最近魅力的なプレゼンをするというのは本当に難しいなと感じます。こういう仕事をしていると大なり小なり自分の仕事をプレゼンする機会が多いのですが、満足のいくプレゼンができたと思ったことは最近ほとんどありません。内輪だけのミーティングで最近のデータを報告する小さなものから、外部の人向けに研究を紹介するもの、バックグランドをある程度知っている人が対象のものや、あるいは全く基礎知識のない人に全て一から説明し...

続きを読む

本田のミラン行きと僕のNIH行き

本田の今年の夏におけるミラン行きが消滅してしまいました。彼はいったい今どういう気持ちでいるのだろう。きっと彼のことだから表面上は平静を装っているだろうがきっと本心では悔しい気持ちでいっぱいに違いない。僕のNIH行きもまだ正確な時期が決定せずもどかしい思いです。当初はこの夏ぐらいを想定していましたが、それが秋になり、冬になり、ひょっとすると来年の春も日本にいるかもしれません。僕のアメリカ行きも本田の移...

続きを読む

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ページの先頭へ戻る