アトピーの犬の皮膚ではセラミドが減少しバリア機能が低下している

Increased transepidermal water loss and decreased ceramide content in lesional and non-lesional skin of dogs with atopic dermatitis (Shimada et al. Vet Dermatol 2009)今年農工大の大学院を卒業されるDr. Shimadaの論文。アトピー性皮膚炎の犬の病変部および非病変部ではバリア機能の指標の一つである経皮的水分蒸散量(TEWL)が増加し、角質層における相対的なセラミドの含有量が減少していたことを示した論文。TEWLはバ...

続きを読む

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
ページの先頭へ戻る