本日の症例

本日は初診が2件と再診が1件。1件目はアトピー性皮膚炎疑いのラブラドール。2次感染のコントロールから始めることになりました。2件目は季節性に痒みを現す2歳のブルテリア。若いので反応が出るかどうかわからないけれど減感作療法のために皮内試験をやりましょうとのことで実施。臨床とはあいませんがハウスダストマイトに強陽性、他のものにもかなりの割合で陽性が出ていました。減感作療法をsublingual immunotherapy(口腔内に...

続きを読む

ここはティーチングホスピタル

新しい1週間が始まり新しい4年生が皮膚科にローテーションで回ってきました。皮膚科は2週間のローテーションで、選択性だそうです。つまり内科や外科は必須科目で、皮膚科はローテーションで回っても回らなくてもいいということ。Dr. Deboerは、皮膚病は臨床に出たら一番遭遇する疾患なのに選択性にするとはけしからんと言っていました。3年生の皮膚科の授業も2週間毎日1~2時間と2コマの実習では少なすぎると嘆いていました。今回...

続きを読む

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページの先頭へ戻る