スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

Editorial Boardは何をするのか?

JournalのEditorial Boardは何をするのでしょうか?Journal によっても違うのかもしれませんが先日Veterinary Dermatologyから送られてきたLetterによると、まずは今まで通りReviewをしてほしいということ。それからJournalのStrategic PlanningとMarketingに協力してほしいとのこと。前者は雑誌に掲載する論文の質やバランスについてアドバイスしてほしいと書かれています。また年1度のヨーロッパで開かれる会議でEditorial Boar...

続きを読む

どうやらVeterinary DermatologyのEditorial Boardのメンバーになった

Veterinary DermatologyのEditor in chiefから「あなたは最近いくつかのreviewをしてくれたからVet Dermのjournal boardのメンバーになりませんか?」というメールが来ました。「別に難しいことはないよ。ただ1年に数本のreviewをするだけだよ」と言うので、なんのメンバーなのかはっきりしないまま、喜んでメンバーになりますというメールを返しました。そうすると「あなたはVeterinary DermatologyのEditorial Boardのメンバーに...

続きを読む

Immunityに再投稿

先日Immunityに論文を再投稿しました。8月にmajor revisionの内容でletterが返ってきたのでreviseに4か月かかったことになります。reviewerのコメントから実験をセットアップするのに1か月、実験に1か月、解析に2週間、そして渡米を経て論文を直すのに1か月以上かかりました。reviewerからの一番核心を突かれた質問にもなんとか答えられたと思っています。もちろん望むべく最適な実験ではないのですが、それをやるのは実質時間的に...

続きを読む

理研IMSのシンポジウム

http://www.ims.riken.jp/events/rcaisymp/2014/index.html横浜パシフィコで開かれた理研のシンポジウムに行ってきました。横浜の理研を中心に免疫の分野で活躍する研究者が1日で10人ぐらいレクチャーします。海外の研究者も何人か来ていて、今回はNIHのYasmine Belkaidと話すのを楽しみにしていたのですが、ドタキャンしたらしく来ませんでした。残念です。その代打でうちの教授にレクチャーの依頼が昨日急にあったらしく、教授も...

続きを読む

米国への移動

米国NIHへの移動がようやく正式に決まりました。「NIHに行くことになるかもしれない。その時には君を連れて行こうと思っている。」とボスから言われてからすでに2−3年経ちました。その間なかなか気持ちが落ち着かない部分もありましたが実際に行くことになってみると、移動後の仕事のことやさらには数年後のポジションのことなど気にかかることも多くあります。ただ今は目の前の仕事にフォーカスし、NIHでの仕事を通して自分が成長...

続きを読む

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。