ユタ大学からの医学部の学生

ユタ大学医学部からアマンダという学生がNIHでの1年間のリサーチプログラムのために我々のラボにやってきたました。一応僕の下につくことになり1年間一緒に仕事をすることになりました。一人で実験できるようになるまでマウスの扱い方から細胞の取り方、解析まで一から教えるのは日本語でも大変ですが英語ではそれなりに苦労します。ただ気づいたのは英語で教えることそのものの大変さだけではなく、アメリカ人はよく質問してくる...

続きを読む

Veterinary Dermatologyの査読をもう一度Major revisonで戻すことの葛藤

以前査読したVeterinary Dermatologyの論文のRevisionが戻ってきました。しかしながら免疫染色のレベルが低すぎる。。。タイトジャンクションの染色なのになぜか細胞質にも染まっていてこれは非特異的な染色を見ているとしか言わざるを得ず、厳しい状況でした。Veterinary Dermatologyだからこれくらいで許すべきなのかという気持ちと、いやきちんと科学的に判断すべきだという研究者としての気持ちの間で数日間揺れ動きましたが最...

続きを読む

英語でのプレゼンの効用

アメリカに来てから日々の仕事をこなすのに精一杯でなかなかブログを更新する余裕もないのが現状ですが、それでも何か書きたいなと思う気持ちはあり、とにかく少しでも時間を見つけて書くしかないですね。時間のあるときにと思っていたらきっと永遠に書けません。もうだいぶ前の話になりますがアメリカの研究皮膚科学会SIDに参加してきました。今回は先日論文になった研究内容を口頭発表でプレゼンしました。質問もいくつか出まし...

続きを読む

アトピー性皮膚炎 原因は細菌の異常増殖か

Immunityにアクセプトされた論文がオンラインで掲載され同時に慶應とNIHからプレスリリースされました。さすが日本のメディア、取り上げ方がすごいです。アメリカにいるので実際のものは見ていないのですが、主要紙、主要メディアのニュースにはほとんど取り上げられたようです。でもやはり日本人ですからNHKのニュースに取り上げられたのは嬉しいですね。「アトピー性皮膚炎 原因は細菌の異常増殖か」http://www3.nhk.or.jp/news/...

続きを読む

Immunityにアクセプト

日本でポスドクになってから始めた仕事がようやく形となりImmunityにようやくアクセプトされました。Immunityという雑誌はCell Pressの出す免疫関連の雑誌です。現在インパクトファクターが20。Nature Immunologyの24、Nature Medicineの28には及びませんが、それでもJCIやJEMの一回り上でNature系の雑誌となんとか肩を並べている雑誌の一つです。今回の仕事は思い起こせば2013年の年末にScienceに投稿。レビューには回ったものの...

続きを読む

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページの先頭へ戻る