臨床獣医学フォーラムでの初のレクチャー!

先週の金曜土曜と臨床獣医学フォーラムでレクチャーをしてきました。フォーラムは学生の時以来の参加なのでもう7年ぶりぐらいですが、やっぱり華やかですねー。獣医の学会は人の医学の学会と比較して企業展示なんかが充実していますがフォーラムの賑やかさはその中でも抜きんでていますね。ニューオータニでやっているというのも華やかさに一花添えているんでしょう。ただいわゆる学会場でないからなのか会場のスクリーンが小さく...

続きを読む

世界獣医皮膚科会議2012 in Vancouver

久しぶりのブログ更新です。フェイスブックにおされてブログはほとんど更新していなかったのですが、それでもブログは色々な人が見られるというメリットもあるので来出るだけ続けていこうかと思っています。さて、バンクーバーで開かれていたWorld Congress of Veterinary Dermatology 7(世界獣医皮膚科会議)が終わりました。現在の本職が医学部での研究者である自分にとっては、発表するとしても直接は関係のない仕事ですので今...

続きを読む

獣医内科学アカデミー での講演を終えて

先日のパシフィコ横浜で開催された獣医内科学アカデミーで犬の脱毛症の診断に関する講演をしてきました。140人の会場もいっぱいになり嬉しい限りです。臨床の講演をするのはほぼ初めてだったので講演のスライド準備がとにかく大変でした。皮膚科なのでやはりきれいな写真をたくさん見せたいのですが、いざ探してみるとピントがずれていたり、バックに余計なものが入っていたりとなかなかきれいな写真を見つけるのが大変です。やは...

続きを読む

麻布皮膚病理カンファレンス

先週の金曜日は皮膚病理カンファレンスに参加するため麻布大学に行ってきました。代田先生とASCから3人、農工大から3人、ノースラボの賀川先生、麻布から2人参加し、このメンバーでわからない病理があったら少なくとも国内では誰もわからないだろうという充実したメンバーです。それぞれが持ってきた珍しい症例や不可解な症例を顕微鏡で見ながらディスカッションします。農工大は腫瘍が弱いので代田先生や賀川先生の病理医のコ...

続きを読む

今年は世界獣医皮膚科学会(WCVD7)

今年は4年に一度の世界獣医皮膚科学会(World Congress of Veterinary Dermatology 7)の年。7月にバンクーバーで開催されます。僕は犬の毛包幹細胞を使って3次元培養人工皮膚を作るという研究をプレゼンすることになりました。これは農工大の学部生が卒論のテーマでやったもので、僕はサポートしただけなのですが、お蔵入りさせるのももったいない内容なので、僕が出させてもらうことになりました。めでたくSupporting Original St...

続きを読む

プロフィール

小林哲郎

Author:小林哲郎
皮膚免疫を専門に研究している獣医研究者。
2014年よりアメリカNIHに留学。

フリーエリア

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページの先頭へ戻る